ふたえ整形を大阪でするときの方法と基礎知識を知って自分を変える

サイトマップ

二重

もっと早く大阪でふたえ整形してたらよかった

私は5年前に大阪のクリニックでふたえ整形手術を受けました。プチ整形で手軽に出来ると言えど、調べれば調べるほど「結局バレる」「凄く不自然に仕上がって後悔している」等、ネガティブな記事も目につき、行動に移すまでにとても時間がかかりました。まず悩んだのが手術の種類です。数カ所を糸で留める埋没法と、メスで切ってしまう切開法があります。大阪のクリニックのふたえ整形では、私は切開方で失敗すると修正がきかないというリスクが怖かったので、埋没法にしました。少し珍しいですが、点ではなく、線で縫う方法を取り入れている病院で手術をしました。
とても緊張しましたが、麻酔をするので痛みは全くありません。麻酔の注射が少しチクっとするだけです。そしてその日はそのまま帰宅し、麻酔が切れても薬をくれるので問題なく過ごせました。そして次の日…もう目がパンパンに腫れました。見たことがないくらいパンパンです。
連日腫れが続くとまずいなと思いましたが、術後3日目にはもう他の人に気づかれないくらい腫れは引いていました。3連休で手術をしたのですが、職場でも誰にもばれませんでした。普段アイプチをしていたので、職場での顔はそのままです。アイプチ時代ではアイシャドウに限界があったり、プールやお風呂屋さんに友達や恋人と行けなかったりしましたが、手術を受けてからスポーツで汗をかくことも、雨に濡れる事も何も気にせず過ごせるようになりました。もっと早くに大阪のクリニックでふたえ整形の手術を受ければ良かったほど満足しています。

糸を入れるタイプの大阪のふたえ整形

大阪でも瞼などに糸を入れることによって、ふたえ整形をすることができます。それがふたえにすることができる美容整形として確立されています。これは入れる箇所が二つあり、どちらにするのか、ということによって大きく違いが出てくるのですが、瞼板に入れることがお勧めできることになります。何故かといいますと後で修正をすることが容易にできるからです。ですから、瞼板に縫い付けるタイプがお勧めできるわけです。
糸は溶けるタイプのものではなく、キチンとずっと残るタイプになります。これがとてもお勧めできるタイプのふたえ整形になります。しかし、そこまで強力にふたえを作ることができるわけではないのです。ですが、逆にそうしたところがよい、と考えることもあります。何しろ、いきなりふたえにパッとなってしまうとどうしてもそれが恥ずかしいと考える人が多いからです。つまりは、そこまではっきりと出ない、というところが逆に良いとされる場合もあるのです。物凄くはっきりとしたラインのふたえが欲しいのであれば切開をするタイプのふたえ手術にするとよいでしょう。こうした方法であれば、どんなに野暮ったい一重であろうともにふたえ整形することができます。
しかし、大阪でも金額の負担は重いです。実際に受けるときは大阪で安いかつ信頼のあるところで受けましょう。

大阪でふたえ整形!埋没法のメリットデメリット

ふたえまぶたにする方法は、瞼を切る切開法と、糸で瞼を止める埋没法があります。私自身も、そして私の周囲もやっている人が多いのは埋没法です。ふたえまぶた埋没法は気軽にできます。費用も病院により違いはありますが、5万?10万円とリーズナブルです。学生でそんなに大金を一気に払えなければ、ローンで支払いをしてもよい病院もあります。
そして、ふたえ整形でもメスを入れないので10分ほどで施術は終わりすぐき帰宅できます。通わなくても良いので気楽です。私は学生の頃腫れぼったい一重で悩んでおりました。ふたえまぶたにしたくてアイプチを使用していたのですがとれてしまいます。そこでふたえまぶたのプチ整形、埋没法を大阪ですることに決めました。お金がなかった私はローンを組みました。月々5千円の1年間払いです。
実際に大阪のクリニックに行ってみると、簡単に出来たのですが2週間ほど目が腫れてふたえの幅がとても広く感じました。夏休みの期間を利用して良かったと思いました。プチ整形をしてから20年ほどたって思うことは、少ししか目力が変わっていないということです。そして1度、大阪でレーシックをした時に糸が取れて再度施術してもらいました。メリットは簡単でリーズナブルなため、学生でも気軽に受けることができます。そして劇的変化ではなく自然に目力がアップするので、ふたえ整形したと友達にばれないことです。デメリットは瞼に脂肪が多い人はふたえ整形しても目力が少ししかアップしません。


もっとかわいくなりたいという願望を満たすのがふたえ整形です。やはりふたえのほうが第一印象も良く、かわいく見えるものです。ふたえ整形を大阪でするのがおすすめの方法ですので一度ご覧ください。ふたえに整形して、よりかわいくなりましょう。

トピックス

TOPへ