ふたえ整形を大阪でするときの方法と基礎知識を知って自分を変える

サイトマップ

二重

大阪でまぶたを作る!ふたえ整形の違い

ふたえまぶたを作る手術は、埋没法と全切開法と部分切開法の3つの手術があります。そのため、3つとも異なる特徴を持ちます。埋没法は、まぶたに糸を通してふたえまぶたにするので切開法より痛みと腫れを抑えられます。また、傷跡も残りにくいです。ただし、ふたえまぶたの持ちは切開法より短いです。また、切開法はメスを使ってまぶたを切りますが、埋没法ではまぶたを切りません。
切開法は、ふたえまぶたの持ちが他のふたえ整形より良いので、痛みや腫れよりもふたえまぶたが照れないのを優先して受けることもできます。けれども、全切開法を受けてもふたえまぶたは取れることがある上に、他のふたえ整形より痛みを伴う手術になります。そして部分切開法は、埋没法よりふたえまぶたの持ちが良く、傷口が全切開法より小さく、腫れや内出血も抑えられます。また、3つあるふたえ整形は費用も大きく異なります。切開法である全切開法と部分切開法は、メスを使う手術なので埋没法より高くなります。
一方、埋没法はメスを使わない手術なので切開法より安く済みます。そのため、埋没法は10万円弱で受けられますが、切開法は20万円必要になります。そして、全切開法は眼瞼下垂手術も同時に行うので、部分切開法より費用が高くなります。ふたえまぶたを作るふたえ整形は、痛みや腫れを気にする以外にも、費用に目を向けることで自分に合ったふたえ整形を選択しやすくなります。

トピックス

TOPへ